お問い合わせ 地図
日本型『政労使の一体化』 登録日:2009/03/23
執筆者:渡邉克己
日本型でも何型でもいいが、成果を期待したい。
雇用確保と景気刺激、今こそ『貯蓄から消費』へがついてくるといいのだが。

●雇用対策で政労使合意=日本型ワークシェア促進●
 政府、日本経団連、連合などは23日午前、首相官邸で会合を開き、雇用の安定・創出のための新たな対策について合意した。国の助成金を活用し、休業や残業削減を組み合わせることで解雇を防ぐ「日本型ワークシェアリング」の促進や、雇用保険を受給できない失業者に対する就労支援などが柱だ。
 政労使3者が合意文書をまとめるのは2002年以来7年ぶり。前回は合意後に景気が回復したこともあり、ワークシェアは普及しなかった。今回は「100年に1度」とされる経済危機を乗り越えるため、政労使が一体となって雇用対策に取り組む姿勢を示す。(2009/03/23-09:37)
お問い合わせ 地図 サイトマップ