お問い合わせ 地図
江戸っ子気質で消費刺激といきますかね 登録日:2009/09/07
執筆者:渡邉克己
働かざるもの食うべからず、しかし、職がなきゃどうにもならない。
リーマンショックから1年が経過しているのに。

●家計の「稼ぐ力」弱まる 消費回復に足かせ●
 日本の家計の「稼ぐ力」が弱まっている。雇用の悪化や高齢化で働いていない人が増え、収入が落ち込んでいるためだ。仕事を持たず、就職活動もしていない15歳以上の人口を示す「非労働力人口」の割合は今年初めて4割台に乗せる可能性が出てきた。ボーナスの減少に加え、株式配当などの副収入も減っている。個人消費を抑える要因となり、景気回復の足かせになりかねない。

 国内経済は4〜6月期に実質成長率がプラスに転じ、戦後最悪の落ち込みから脱しつつある。ただ成長率の押し上げ要因は、中国向けなどの輸出と公共投資だ。国内総生産(GDP)の6割弱を占める個人消費が景気回復の鍵を握るが、消費支出は5四半期連続で前年水準を下回っている。
お問い合わせ 地図 サイトマップ