お問い合わせ 地図
登録日:2007/11/08
執筆者:「HIさん(28歳)」
 私が前職を退職したのは2007年の3月。求人広告の営業としてそれなりの成果と充実感を感じていた反面、これからの自分のステップアップを考えると不安もあり、より自分の成長を促進できる環境を求めて転職を決意しました。ただ、今年で28歳を迎える自分の年齢を考えれば今回の転職が今後の人生において非常に重要であり、かつ、慎重に行わなければならないことは明らかでした。そういった背景もあり焦って仕事を探すことはせず、自分の進路についてじっくり時間をかけて考え抜いた結果、2007年9月頃から本格的に活動を開始。今思えば、やめてから仕事を探すというのは無謀だったかもしれませんね(笑)
 
 前職の経験から、いわゆる転職サイトに掲載されている求人案件の中でも、本当に『良い会社』と言えるのはほんのひと握りであるということはわかっていたので、より可能性を広げようと紹介会社もいくつか利用し、そんな中の1社がワークスシーズさんでした。

 大手と言われる紹介会社にも登録し、確かに案件は多く抱えているようで次から次へと紹介されます。しかし、何か有益な情報を提供してもらえるわけでもなく、私自身についてどれだけ理解してもらえているのかもわからない。担当者も求人票をたくさん持ってきて「とりあえずたくさん応募してみましょうよ?」といったスタンス。(営業方針?)ただ、そういった活動の仕方であれば、人材紹介会社を経由するメリットはないと感じ、早々にサービスの利用を停止しました。
 その点で言えば、ワークスシーズさんは私のパーソナリティを様々な角度から分析・把握してくださるだけでなく、企業側のことも非常に細かく把握されています。だからこそ案件を紹介して頂く段階でのミスマッチもありませんし、応募企業を選ぶ基準・材料になりうる情報を提供して頂けることは大手や他社にはない大きなメリットだと感じました。

 ワークスシーズさんのサポートもあり転職活動を無事成功で終わることができた今、紹介会社のあるべき姿を見た気がしますし、これまで紹介会社に対して持っていた『負のイメージ』が覆されたのは言うまでもありません。

 目先の仕事探しではなく、求職者それぞれのキャリアプランを中長期的に見据えた提案をして頂けるワークスシーズさんと出会えたことは、自分にとってこの上なくラッキーなことでした。ただ1つ苦労した点があるとすれば、案件の多くが優良案件であるために、自分自身の内面的な成長が急務だったことでしょうか(笑)良い会社・良い仕事であればあるほど転職者に求められるものも当然高くなります。ただし、これは経歴やスキルというよりも、自分なりの人生観・仕事観をしっかりと持っているかどうかという人物的な部分が重視されるように思います。かく言う私もワークスシーズさんとのやり取りの中で苦労しながら考え、徐々に確立していけたことで結果的に納得のいく会社に転職できました。大変なプロセスではありますが、それを乗り越えればそれだけの収穫(成功と言える転職)を得られるはずです。

 私が今回感じたのは、転職は単なる仕事探しではなく自分と向き合うまたとないチャンスだということ。逆に、自分とじっくり向き合うこと無しにステップアップはあり得ないとさえ感じています。なんとなく次の仕事を見つけることは簡単ですが。しかし、それだけではもったいないですし、様々なリスクも伴う転職ですから、どうせなら今後の自分にとってプラスにしたいですよね。自分自身で考えることはもちろん、信頼して相談できる相手がいれば尚良いということは間違いありません。私にとってはワークスシーズさんがまさにそういった存在でした。頼りない私を親身になってサポートしてくださったことに感謝しています。本当にありがとうございました。
お問い合わせ 地図 サイトマップ