お問い合わせ 地図
登録日:2008/03/05
執筆者:ORさん(29歳)
転職活動を始めたのは、07年の12月頃からでした。きっかけは、会社の業務が縮小し、自分がやっている仕事が激減していったことです。自分で仕事をつくろうと試みても、なかなかうまくいかない−私にとって、やるべき仕事がないということはとてもつらいことでした。とはいえ、まだ入社して1年もたっていない状況だったので、たとえ仕事が少なくても、ここでまだがんばったほうがいいのではないかという迷いもありました。最初は面接に行っても、前職の就業期間が短いことを指摘され、しどろもどろになることがしばしばで、次第に自信をなくしてしまいました。
転職活動を始めた当初は、求人広告やネットから応募していましたが、「自分ひとりで考えているだけでは、可能性を狭めているのではないか」と思うようになり、ワークスシーズさんに相談に行きました。
その頃は、「とにかくやりがいのある仕事がしたい!」という気持ちは強かったのですが、「自分にとってやりがいのある仕事は何だろう?」ということが、客観的に見えていなかったと思います。それに、転職回数が多くなっていることについても自分を責めて、前向きな気持ちになれずにいたと思います。でも、尾崎さんとお話をするうちに、これまでの経験のうち、これから大切にしていけることは何かということがしっかりわかるようになってきました。客観的にアドバイスをしてもらえたのが本当によかったです。
転職活動中は、相談できる人がなかなかいなかったりして、自分ひとりで考えたり、がんばったりしてしまいがちだと思います。最終的には自分で考え、行動し、決めることになるわけですが、ひとりでなんでもやろうとすると、情報に振り回されてしまったり、結局何がしたいのかわからなくなってしまうこともあるのではないでしょうか。そんなときには信頼できるプロに相談することが本当に重要だと思います。
尾崎さんに話を聞いてもらって以来、面接で「相手に認められなければいけない」という義務感ではなく、「自分を相手に理解してもらうにはどうしたらいいか」という主体的な態度で臨めるようになった気がします。「認められなければ!」とか「内定をとらなければ!」という気持ちが強いままで内定をいただいても、入社してからどうするかが一番大事なわけなので、企業側にとっても自分にとっても、本当の意味ではメリットがないと気づけました。
結果として、いちばん興味を持った会社に内定をいただくことができ、入社を決めました。
活動を進める中で、大変なことやうまくいかないこともありましたが、今ではそれも、これからの糧にしていきたいと思っています。
もし今、転職を考えている方、転職活動中で迷いや不安を感じている方には、ぜひ一度尾崎さんに相談に行かれることをオススメしたいです。誰かにしっかり話を聞いてもらうことで、自分のやりたいことも整理されるものですし、自信にもつながると思います。
お問い合わせ 地図 サイトマップ